あなたのアレルギーを知るセルフチェック

アレルギーチェックを行うには、皮膚科等に相談する方法がありますが、個人でもセルフでチェックを済ませる事が出来ます。
簡易的であっても、アレルギー反応を確認出来るので、原因物質に疑いがある場合に役立つ方法です。
セルフチェックは、アレルギーの有無を判別する結果に加えて、安全に確認出来る事も欠かせません。
つまり、チェックを行う際にアレルギー症状が強く出たとしても、命に危険が及ばない事が最も大切な要件です。
アレルギーを調べたい場合は、肌に物質を乗せて反応を見るパッチテストがおすすめです。
パッチテストは、手の甲に直接物質を触れさせる事が一般的で、一定時間動かない様に固定する事が大切です。
自宅では、清潔な台所用のラップが使えるので、アレルギーの疑いがある物を1センチ角切ったり、これを手の甲に乗せてラップで覆います。
ラップは、そのままでは当然ズレたり剥がれてしまうので、肌に対する影響が小さい低粘着性のテープを使う事が効果的です。
ただ、テープ自体がアレルギー物質になる事もあるので、パッチテストを行う前に確認を済ませる事が必要です。
食べ物の場合は、口に触れる事で症状が起こるので、唇に触れさせる事も確認に役立つ方法です。
しかし、体内に吸収されなければ反応しなかったり、逆に僅かに触れても強い症状が出る事もあるので、最初は手でパッチテストを済ませる事が安全といえます。
金属の場合は、汗等で溶け出さす事がアレルギーの原因になるので、水に濡らしたり汗をかいた状態で触れる事が反応確認を正しく行う為のポイントです。
どれも自宅で直ぐに試したり、自身の責任で確認が行える方法ですが、反応の度合いを詳しく知りたいのであれば、医療機関で受ける事もチェックに役立つ方法になります。