たらこや乳アレルギーは治せるのか?

アレルギーを持っているとわかったら、もう一生食べることが出来ないのではないかと不安に思うことが多いでしょう。特に乳幼児期に分かったアレルギーに対しては過敏に反応をすることもあり、原因物質を採血などで調べてはっきりと原因が分かれば、それを除した食事に変更をしなくてはいけません。両親が何もアレルギーを持っていなくても子供が発症することもあります。その場合、どうしてうちの子が…、これを一生食べることはできないのではないかと心配されることが多いのです。しかし安心してください。今のアレルギー治療はどんどん向上しており、始めの乳幼児期に食べることが出来なかったけれど、大人になるにつれて少しずつ食べることが出来るようになったという人もたくさんいるのです。しかし、これには長い道のりがかかりますし、医師の観察のもとで少しずつ摂取するような練習をしなくてはいけないのです。まず乳幼児期は体が小さいので、少しの原因物質が体内に入っただけでもすぐに蕁麻疹や皮膚のかゆみといった症状が体に出てきます。しかし体が大きくなり、体重が増えてくると、同じ量を摂取したくらいでは反応が出なくなることもあるのです。これを利用して体を大きくなると同時に原因物質の摂取量を少しずつ増やしてみるのです。この際には時には入院管理をしてアレルギー反応が出ないかどうかを見る必要があることもあります。もしも激しい反応が出ると、皮膚の症状だけではなく、時には気道が腫れ、呼吸困難などを起こす可能性もあるからです。アレルギーを持つとその皮膚科とは長い付き合いになりますが、先生の指示を受けながら少しずつ量を増やしていき、結果的にアレルギー克服ということも不可能ではありません。