アーカイブ | 10月 2016

  • 十分な野菜と正しい薬の使用でアレルギー改善

    花粉症やハウスダスト、食べ物など私たちはアレルギーになる可能性があります。特に赤ちゃんが離乳食を始める時には食べ物によるアレルギーに気を付けるために、新しい食材の時は診察できる時間帯に食べさせます。それでも反応が出てしまった場合は、医療機関による指示で除去したりするのですが、ハウスダストの様に普段の生活と切り離せない物質がアレルギーの場合は、薬を服用することになります。小さい子どもに薬を飲ませ続けるというと、なんとなく薬漬けの生活の様な気がしてこれでいいのか、と思うかもしれません。しかしアレルギー反応が出て改善しないと喘息の発作を起こすこともあります。まずはアレルギー反応を治めたり出ない様に薬を服用することは大切な事なのです。またもう1つ子どもでも大人でも気を付けることは普段の食生活です。 皮膚疾患の治療において、お菓子など甘いものが好きな人は治療しても治りにくく、砂糖の摂り過ぎはカルシウムを奪うことも分かっています。イライラするから疲れたからと言ってチョコレートをたくさん食べるのは気を付けましょう。逆に摂取した方が良いのは野菜です。野菜にはビタミン、ミネラルが含まれています。ビタミンやミネラルは細胞分裂の活性化や新陳代謝の改善に役立つ栄養素です。しかし昔に比べると野菜に含まれる栄養素は減少し、昔と同じ量を食べても同じ量の栄養素を摂ることが出来なくなりました。そのためよりたくさんの種類の野菜をバランスよく食べるように心がけることで、皮膚疾患などの症状を緩和させることが出来るかもしれません。 アレルギーは一度起こると治る病気とは異なります。生きている以上、長く付き合うためにはアレルギー反応が出ない様に除去したり薬を服用したりすることも大切な対処法と言えるでしょう。